コンテンツ
ヘッダ

アンバランスなバランス。

みゆの暴走、妄想日記。レポは暴走している事が多いので、寛大に見てやってね。苦情はいらないから。
(道案内)http://junkers.jugem.jp/?day=20041029

カレンダー

タイトル
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ボディー
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文

一定期間更新がないため広告を表示しています

記事続き
タイトル
タイトル
ジーザス・クライスト=スーパースター!
記事本文
いや、なかなか。
それなりに、楽しかったです。

帰ってきて、旦那に話をしていたら……。

一緒に、ジーザス・クライスト=スーパースターの映画のDVD、見てます(笑)

言うより見せた方が早いもん。この世界観。
記事続き
タイトル
タイトル
「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」
記事本文
みてきました〜。

楽しませていただきました〜。

詳細は、明日!


http://www.hedwig.jp/
記事続き
タイトル
タイトル
少年隊ミュージカル 23年の歴史に幕
記事本文
終わっちゃうんだってー。
さみしいなぁ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080428-00000005-dal-ent



よく考えたら、東京遠征ってコレが初めてだったんだよなー。わたし。
、、、その後、死ぬほど行ってますけど。(笑)

いろんな思い出が。

地下鉄の駅で「お疲れ様です〜。」
っと声をかけられたこともありました。
グロッキーになって、ごにょごにょしたこともありました。
錦織さん、ご心配おかけしました。(笑)

あー、なつかしいなぁ。



記事続き
タイトル
タイトル
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ Zepp Nagoya 2007年3月28日 19:00
記事本文
いやー、面白かった。
映画を見て、サントラも聞いて、日本盤サントラも聞いて。
結構洗脳された状態で見に行ったのだけれど。
うーむ、こうなったら去年の三上盤ヘドウィグも見れば良かった。
ってゆーか、今、見たい。
山本@ヘドウィグは俺様ヘドウィグなんだよね。
ヘドウィグのかわいらしさっていうのがイマイチ伝わってこない。
中村@イツハクは可愛かったけど。
おかあさんの台詞を代弁するところなんて、めっちゃ上手かったわ。

映画を見て、その後のミュージカルだから、意味がわかんないとか、
好きなシーンがない!とか。
(ワタシのブラジャー乾燥機に入れないで!のシーンとか。)
いろいろ不満がでちゃったから。
やっぱり、ミュージカルを見てから、補足的な感覚で映画を見たかったな。
レントの時もそうだったから。

でも、書いておくべきところ。
みんな歌が上手かった!
山本@ヘドウィグはいいねぇ。ってゆーか、多分彼の声が好き。
レントで洗脳されたんかね?
midnight radio、すごかったねぇ。青筋が、、、。(笑)
中村@イツハクもすごい!声の幅がひろいよねぇ。
山本@ヘドウィグとの声のバランスがすごい良かった。
あと、バンドのお兄さんが1曲歌ってたけど、結構普通に上手かったし。
歌は満足!
歌詞が全部、英語だったからもっと満足!
マニアにしか受けない全編英語歌詞!

台詞に多少<PI-!>って入れたい部分はあったけど。それはそれで。
ま、オトナしかみにこないでしょ?アレ。

曲は満足したけど、お芝居部分は山本@ヘドウィグの一人芝居。
ってゆかー、小芝居。
ガクちゃんのライブのMCと一緒。←わかる人は笑っておこう。(爆)
ワタシのイメージとしては、ガラコンを見に行った気分。
ガラコンだから、満足。
うん。

再演する頃には、何かが変わっていることを期待して。
記事続き
タイトル
タイトル
宝塚歌劇 花組公演 明智小五郎の事件簿-黒蜥蜴・TUXEDO JAZZ 宝塚大劇場 2007年3月10日 11:00
記事本文
タイトルながっ!
ひょんなことから行ってまいりました。日帰りで。
ぜんぜん興味がないってほどじゃなかったのですが、ハマるのが怖い、ファンが怖いっていう潜在意識があって。
機会もなくて、見に行かなかった宝塚歌劇ですが。
(歌劇と書こうとすると「過激」と変換されるみゆのPC、勘弁して。涙)
チケットを頂いてしまって、行ってきました。
あんまりノリ気じゃなかったのと、朝のあまりの早さに面倒くさくなりながらも、とりあえず到着。

あの、雰囲気は独特やね。
正面入ったところに現れる、階段。
写真を撮りたくなる気持ちはわかる、、、、でも、恥ずかしいぞ。オイ!
それと、貸しオペラグラスの行列にびっくり。
客席に入ったら、オバサンの化粧品の独特のにおいにびっくり。

とりあえず、始まってしまったら、持ち前の集中力で。
隣のお姉ちゃんたちの私語にはまいりましたが。


話は言いたいことがたくさんあるっ!
でも、内容に触れてしまうとマズいかもしれないので、次ページへ。

記事続き
続きを読む >>
タイトル
タイトル
一応、ね。
記事本文
20070310_351984.jpg
会場前でぱちり!
大劇場ならでは、の雰囲気でした。
高校生くらいで見ていたら、ハマっていたんでしょう。

今度はメイク体験をするぞ!
記事続き
タイトル
タイトル
エビータ/劇団四季 新名古屋ミュージカル劇場 2007年2月24日 14:00
記事本文


貧しい境遇から、美貌を武器にアルゼンチン大統領ホアン・ペロンの妻にまで登りつめた実在の女性・エバ・ペロン。
彼女の激しくも儚い33年の生涯を描いた物語。
要するにわがままお嬢様の成り上がり物語、よね?(笑)


気になった点をいくつか。
35ステップスのCDを聞きなれていた所為か、「ハローブエノスアイレス」の曲は覚えていたのね。
でも、CDと生での違いっていうか、カツゼツの悪さが気になっちゃって。
ちょっと聴き難かったです。

あとは合格点だったと思います。
どっちかっていうと、辛口な合格かな?
チェは、実在する人物なのか?とすごく気になってしまったワタシ。
でも、チェがいるから、エビータの心情とかがよくわかったけど。
チェって、エリザベートでいうとルキーニさんであり、ジークラでいうところのユダなんだよねー。
「それでいいのか?」
ってずっと言っているイメージだからユダなの。
<わかる人にしかわかんなくてごめん。


ミュージカル“エビータ”劇団四季(日生劇場ライブ/完全収録盤)
ミュージカル“エビータ”劇団四季(日生劇場ライブ/完全収録盤)
劇団四季
記事続き
タイトル
タイトル
HEDWIG AND THE ANGRY INCH
記事本文
みゆさんの、おかしーなスイッチが入っている時に。
再演決定ですって。
それも山本耕史くんですって。
彼のなりきり具合が楽しみですわね。
すでに、写真が恐いですけど。(汗)

まあ、歌も芝居も上手い彼ならいいか、、、。
と思いつつ、三上さん盤、見たかったなぁ。


http://www.dipps.co.jp/index.html
記事続き
タイトル
タイトル
おかえりっ!
記事本文
20060525_188455.jpg

滝田さんが、かえってきたよーっ!
映画を見に行って、予告編ですごいびっくり。

滝田さん、お痩せになられた気がします。

雪印のゴタゴタで、レギュラー番組の終了、レミゼの役者若返りによる降板。プライベートでもいろいろあったらしく、山に籠もって仏像を彫られてるという話をききましたが。
帰ってきていただけて、みゆは個人的にすごくうれしい。

舞台にも帰ってきてほしいですね。

記事続き
タイトル
タイトル
レ・ミゼラブルファンに50の質問
記事本文




こちらより、質問をおかりして答えてみました。
まだまだ、素人ね、ワタシ。

長くなってしまうので、次へ♪





記事続き
続きを読む >>
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR.  (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.